012 Share Chairs | paper model kit

012 Share Chairs | paper model kit

12.00

1:16 scale paper model of
Share Chairs
designed by Ineke Hans in 2001.

laser cut paper parts flat packed, in a postcard size plastic bag, together with an assembly instruction and information of the chair.


size / 112 x 156 mm
weight / 15 g

Detailed assembly instruction is here

日本からの購入をご希望の場合は、価格と送料が割安になる「かみぐ」からのお申し込みをおすすめします。

Quantity:
Add To Cart

Share Chairs
Designed by Ineke Hans, 2001
Recycled plastic

A rocking chair for one or two children to play with, suitable for both indoor and outdoor use.  An early example of domestic furniture in industrially manufactured recycled plastic. Typically Hans reflects social issues and contemporary concerns in this playful design.

Hans studied Furniture Design at the Royal College of Art, and has been working with international manufacturers as well as teaching at several institutions.  Throughout her career, she has been questioning the value of visual communication and the role of designers in relation to both global and local issues – such as promoting sustainable materials or reviving local craft skills to sustain local communities.

Share Chairs and Crash Car are both from Hans’s series called Black Beauties, Kids Collection.  She challenged a common idea that children are attracted by colours, proving that they also find shapes and the potential function of objects interesting, even though the objects are in black.

www.inekehans.com

We would like to say a big thank you to Ineke Hans for her kind permission to use the design for our product and telling us the background of this design.  She gave us some insight for colours for the room and package…see below.

share chairs 2001.jpg

シェアー・チェアーズ
デザイナー:イネカ・ハンス、2001年
再生プラスティック

デザインと社会のつながりについての考察を遊び心のあるデザインに置き換えるイネカ・ハンスが、2001年より自主製造販売を続ける子供のための家具シリーズの中の一点です。地域のプラスティック回収を経て大規模にリサイクルされたプラスティック板を使い、室内と屋外の両方で使えて遊べるロッキングチェアです。

イネカ・ハンスはイギリスのロイヤルカレッジ・オブ・アートの家具デザイン科を卒業したのち、たくさんの国籍の企業と商品開発をすすめるかたわら、いくつかの大学での教鞭を執って後進を指導してきたデザイナーです。デザインがどうコミュニケーションの担い手になるかをテーマの中心に置きながら、環境に配慮した素材を選んだり、手工芸の復興を助けるプロジェクトに加わるなどして、グローバルでありローカルでもある現代のさまざまな問題に対するデザイナーの立ち位置を模索してきました。

この「シェアー・チェアーズ」と「クラッシュ・カー」の2点は Black Beautiesと名付けられたシリーズの中の作品です。黒い黒いリサイクルプラスティックで遊具をデザインしたのは、楽しい形と遊びごごろを刺激する機能のある遊具をデザインすることで「子供はカラフルな玩具が好き」という偏見をくつがえす試みでもありました。

イネカ・ハンスのHP:www.inekehans.com

『1:16シリーズ』でモデル化するにあたり、イネカ・ハンス女史が快諾をくださり、データを送ってくれたことに感謝します。また、付録の車、背景の色やパッケージ色などにも彼女のコメントを反映しました。

Interior for the Share Chairs

The background of this paper model is referring to the current studio of Ineke Hans, as well as her previous studio entrance.  The rug on the concrete floor is also her design, Snip for Nodus in 2016.  As a result of these 3 elements this background represent Hans’s world throughout her careers.

To re-create Hans’s playful space, we would suggest you to find and stick small and colourful objects on your 1:16 wall of Share Chairs!

hans studio1.jpg
hans studio2.jpg

この紙模型の背景として参照したのは、イネカ・ハンスの現在のスタジオの壁や床と、以前のスタジオの入り口のカラフルな腰壁、そして2016年に彼女の作品に加わったラグ「Snip」です。小さくてカラフルなオブジェを見つけて1:16のジオラマに貼り付けると、遊びごごろにあふれた空間が再現できます!