011 Ming Dynasty chair | paper model kit

011 Ming Dynasty chair | paper model kit

12.00

1:16 scale paper model of
Ming Dynasty Chair
from 17th century

laser cut paper parts flat packed, in a postcard size plastic bag, together with an assembly instruction and information of the chair.


size / 112 x 156 mm
weight / 15 g

Detailed assembly instruction is here.

日本からの購入をご希望の場合は、価格と送料が割安になる「かみぐ」からのお申し込みをおすすめします。

Quantity:
Add To Cart

Ming Dynasty armchair
Designer unknown / 17th century
Hauli wood

A typical chair from Ming Dynasty China, made for high ranking officials to travel the country with.  It was not glued, but assembled with mortise and tenon joints fixed by small wedges.  This allows for movement in varying climates and it can rapidly be taken apart to pack for travel.

This simple and elegant design was introduced to Europe in the 1930s, and influenced Scandinavian designers such as Arne Jacobsen and Hans Wegner.  Wegner later designed at least nine chairs showing the influence of this Ming style.

We refer to an exhibited example at the Victoria & Albert Museum for the development of this model.  The images below are from their collection archive.

V&A ming01.jpg
V&A ming02.jpg
V&A ming03.jpg

明朝の肘掛け椅子
17世紀
黄檀(Huali)と呼ばれる堅木の一種

明の時代に、中国を治めるためにあちこち旅をした高官たちが使った家具として知られる椅子です。広大な中国のさまざまな気候に応じて膨張や収縮する木の部材を調整できるよう、部材を接着しないで「ほぞ」と「ほぞ穴」にくさびを使って組み立てました。ノックダウンして持ち運ばれた軽量でエレガントな椅子は、1930年代にヨーロッパに紹介されて北欧のデザイナーたちを魅了し、ハンス・ウェグナーの Chinese Chair ( 1943年)などの名作が生まれました。

この模型の開発にあたって参考にしたのは、ロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館の家具ギャラリーに展示されている椅子で、上記写真もV&Aアーカイブからのものです。

Here are just two examples of Ming style influence:  The first is Arne Jacobsen’s Dining Chair of 1935 and the other is Hans Wegner’s Chinese Chair from 1943.

A+Jacobsen.jpg
chinese chair3.jpg

この2脚の椅子は、明朝の椅子のデザイン要素がはっきりと読み取れる例です。上はアルネ・ヤコブセンの1935年の「Dining Chair」、下はハンス・ウェグナーの1943年のデザインで「Chinese Chair」。