009 Thonet no.14 chair | paper model kit

009 Thonet no.14 chair | paper model kit

12.00

1:16 scale paper model of
Thonet no.14 chair
designed by Michael Thonet in 1859

laser cut paper parts flat packed, in a postcard size plastic bag, together with an assembly
instruction and information of the chair.


size / 112 x 156 mm
weight / 15 g

Detailed assembly instruction is here.

日本からの購入をご希望の場合は、価格と送料が割安になる「かみぐ」からのお申し込みをおすすめします。

Quantity:
Add To Cart

Thonet No.14 chair
Designed by Michael Thonet, 1859
Steam-bent beech, cane seat

After Thonet had made a number of experiments into the practicality of steam bending, this particular chair design developed into the first mass-produced chair in history.

When certain types of wood are steamed, they become flexible, and can be bent into shape around a former. Steam bending means less waste, so it is an economical and environmentally friendly method of production.

You can see the steam bending process in the Thonet factory here.

The design was very advanced for it’s time and had several advantages. For instance, 36 disassembled chairs packed into a one cubic metre box for transportation.  The chair became an icon of Viennese coffee-house culture, and over 150 years later it is still in production.

contemporary version, 214 on Thonet website

thonet14-1.jpg
thonet14-2-2.jpg
thonet14-3.jpg
variety of thonet chairs.jpg

トーネット No.14 チェア
デザイナー:ミヒャエル・トーネット、1859年
ブナ材スチーム曲げ木、藤編みの座面

曲げ木の発明者には諸説がありますが、ミヒャエル・トーネットがいろいろな家具で試して実用化の道を開いたことは間違いありません。No. 14の椅子は、トーネット社が数多く作った家具の中で最初に量産された椅子です。

スチームで熱して柔らかくなった部材を曲線に沿って固定し、乾くとその曲線が固定されるこの技術は、廃棄する木材が少ないことから、いろいろな産業で木が使い尽くされた19世紀当時のヨーロッパでは経済的であり、現代にいたっては環境にやさしい工法です。

このムービーで、曲げ木の工程が紹介されています。

塗装の終わった36脚分のパーツを1メートル四方の箱に納めて送り、搬送先で組み立てて売るなど、時代を先取りしたデザインでもありました。ウィーンを発祥とする「コーヒーハウス文化」を象徴する椅子として、158年後の今も製造が続けられています。

現在のトーネット商品「コーヒーハウス・214」

Interior for the Thonet no.14 chair

The background for this paper model references the interior of a Viennese coffee house. They often have high ceilings and arched windows, as well as upholstered benches and low white curtains to provide a little privacy from the street view. And, of course, lots of coffee house are still using Thonet chairs today.

vienna cafe04.jpg
vienna cafe01.jpg

トーネットno.14チェアのためのインテリア

この紙模型の背景として参照したのはウィーンを彩るコーヒーハウスのインテリアです。高い天井にアーチのある窓、その下にはソファ張り地のベンチがあって、窓には低く白い目隠しのカーテンが吊るされる、そんな風景を再現しました。そしてもちろん、コーヒーハウスでは今もトーネットの椅子がたくさん使われています。